ブログ

あれから1年


先日、東日本大震災の瓦礫処理についての勉強会が行われました。

被災地では大型の焼却炉が建設中で、廃棄物を全量を処分するには4年程度必要で、政府方針の平成26年度中には間に合わず、被災地以外での広域処理を全体量の2割を依頼しています。

しかし、もう1年延長すれば現地で処分出来るとか、北陸までの輸送コストや、費用負担、地域割り当て、焼却灰の処分など国の詳細な方針が決まっていません。受け入れたくても決断が出来ない状態です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP