ブログ

原子力防災訓練




志賀原子力発電所2号機において地震により全ての交流電源が失われ、その後、放射性物質が放出された事を想定して原子力防災訓練が行われました。
2年に一度の訓練ですが、今年から避難区域を10キロから30キロに広げられました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP