ブログ

コメント

    • 匿名
    • 2013年 2月 21日

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    あれば便利ですね。家からも近いし。
    でもね、新幹線利用者の何人がその新駅を使うのですか?
    現在の特急利用客は一日何人で、年間年人で、ビジネス客は何人で、観光客は何人なのですか?
    新幹線の駅はバスの停留所ではないのですよ。
    看板もどき一個で出来るわけではないことは知っているのですよね?
    巨額の財政負担が必要で、それを回収できる万全のビジョンも方策もなく、何をどう考えたら「駅建設」などという発想ができるのですか?
    そのような「夢物語」より、松任駅周辺が新幹線の「車両基地」になる部分を最大限に活用しようとは思わないのですか?
    JRに掛け合うべきは、新駅ではなく、車両基地の開放ではないのですか?
    メンテナンス風景の見学、線路上で停車中の新幹線と写真が撮れる、そういうことができれば、多くの「ファン」が集まりますよ。
    身勝手な利便性の追求ではなく、現状あるものの中で、最小限の出費で最大限の効果を発揮できる方法を考えるのがまず大事なのでは?
    あなた、自分の理念にも謳ってますよね?
    財源なき公共事業拡張論などしていてどうするんですか。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP