ブログ

金沢西部環境エネルギーセンター







11月18日(火)

能美市民環境ネットワークで2年半前に建設された最新の金沢市西部環境エネルギーセンターを視察。

住宅地にあるため臭い、騒音、振動に配慮されている。特にパッカー車の出入り口はエアーカーテンを使用。

年間15万トンのゴミを受け入れその熱を利用して発電する。
従来は北電に4億円の売電収入があるが、入札制度により来年は丸紅関連に決まり単価が上がり7億円の見込み。

年中無休だが2月は定期点検。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP