ブログ

能登ふぐを学ぶ






3月27日(火)

能登ふぐの現況と調理師会の役割と課題について、石川県調理師会の宮川務会長から説明を受けた。

石川県は天然ふぐの漁獲高は日本一だが、福岡で消費されているのは、ふぐを食べる食文化が弱いため。

調理師会が心配してるのは、ふぐの調理免許が更新制でないため、知識や技術の低下が心配される。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP