ブログ

首都圏外郭放水路












埼玉県及び東京都から東京湾に流れる中川流域は、水が溜まりやすい皿のような地形で、急速な都市化のために、大雨による水の行き場を失った。

そこで地下に放水路とタンクのような立坑を建設し、一時的に水を溜めて調整する。必要に応じて巨大なポンプで一秒間に25mプール1杯分の水を川に排出する。

日本の土木技術の凄さに驚いた。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP