ブログ

日本熊森協会から要望

日本熊森協会の森山まり子名誉会長が副議長室を訪問し、森林政策の協議に自然保護団体の意見を取り入れるよう要望された。

昨年、熊の出没が過去最多となったのは、餌さとなるミズナラが9割も枯れた状況となり、実りある森に戻すことが必要と訴えられた。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP