ブログ

蔓延防止等重点措置について

県議会で新型コロナウイルス感染症対策についての説明会が行われた。

夏休みに入り残念ながら8月中は蔓延防止等重点措置に寄って、いしかわ動物園など県や市町の公共施設が閉鎖となった。

飲食店に於いても金沢市ではアルコールの提供禁止、白山市や野々市市では20時までの時短が要請された。

小松市や能美市でも多くの飲食店がキャンセルの対応に追われた。

そこで疑問点を指摘した。

白山市や野々市市の飲食店は20時までアルコールを提供出来るので、実質的には営業が出来ると同時に協力金が75万円支給される。

しかし能美市や小松市など他の市町は協力金がゼロである。

国や県が市民に不要不急の外出の自粛や会食の自粛を呼び掛けてる状況ではどの地域の飲食店も入込を見込めない。 その対策として県では売上が50 %減少したお店には月に15万円支給される月次支援金の利用を勧めるが、白山市や野々市市と余りにも金額が少ないので県負担分の増額を求めて発言した。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP